カテゴリー「テツログ番外編」の記事

2013.03.01

廃止が迫る武蔵野快速

京葉線・武蔵野線との直通運転と開始と同時に行われてきた
京葉線内(東京~市川塩浜間)で快速運転される「武蔵野快速」。

かつて2002年以前の土休日は「むさしのドリーム」と呼ばれる、
平日と停車駅が異なるために設けられた愛称もありましたが、
この春のダイヤ改正で快速運転を取り止めることとなり、
越中島・潮見駅等を通過する様子が見られなくなるということで
それが見られる今のうちに通過する様子をメモってきました。

改正後停車案内がかなり変わるであろう、
今はまだ通過駅となっている越中島にてパシャリ。
今後オレンジは平日土休日関係なく1本で各駅区間の所要時間が表記される形に。

そして、「快速」という名目に釣られて、
東京-新浦安間での京葉快速に一部影響を与え押し寄せてきそう。

Musashinor

その他は動画「VIEW'S TV」で特集として取り上げております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.06

休日おでかけパスを使ってみた

JR東日本では3月のダイヤ改正に合わせて、
土休日に東京近郊エリアが乗り放題となるおトクなきっぷ
「ホリデーパス」に変わる、従来のエリアを拡大、値段もアップして
リニューアルした「休日おでかけパス」を新たに発売。

ゴールデンウィークということで、ゆっくり休み時間もとれたので、
E233系での置き換えにより引退が決まった埼京・川越線ハエ205系
宇都宮・高崎線タカ211系のメモリアルを踏まえて、埼玉エリアをぶらりと
「休日おでかけパス」でお出かけしてきました。

出かけた当日でも買えるのは「ホリデーパス」と同じですね。
最寄の蘇我にて購入し改札入場、これよりおでパスの旅のはじまり。

↓その時に買った「休日おでかけパス」。

1

まずは今年3月に開業した武蔵野線の新しくできた駅吉川美南駅を
観察してみしようということで南船橋で武蔵野線に乗り換えそのまま吉川美南へ。
個人的に首都圏の新駅訪問は、南武線西府駅(2009年3月開業)以来となります。

2

新駅訪問記の詳細をテツログで報告しています。

続きを読む "休日おでかけパスを使ってみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.23

113系のさよなら運転を撮影

JR東日本千葉支社企画による113系さよならイベント
「THE FINAL!!113!」で113系のさよなら運転が実施されるということで
東千葉で撮影してきました。
こちらには15名ほど集まりましたがトラブルなく平和でした。

ただHMが定期運用時のままでちょっとがっかりでしたね。
「団体」表示がなければ、普通の定期列車に見えちゃいますね。
定期運用離脱後、3週間ほど貼り付けたまま放置されてたってことですかね。

Last113_2

これを撮った後、一度家に帰り、地元での運転だったということで
国内最速アップ狙い(撮影後1時間以内)で某速報サイトにも同様の写真をアップしてみました。
京葉線201系の時は、フライングサービスによって無理でしたが、
今回の房総ローカル113系は1番のりにアップできたようですが、
結果はまたまた採用されなかったようで残念。

後追いもパシャリ。

Last113_2_2

【22時追記】
夕方、銚子からの復路を狙うため再び出撃。
総武本線・成田線内で狙うには、定期引退から3週間程度で
HMも変わらずでは定期列車に見えてしまいあまり面白くないので、
リバイバルとなり、価値がありそうな総武快速線内で撮ることにしました。
肝心のロケ地ですが、下総中山等の人気スポットは激パが
簡単に予想できるため、分散できそうな市川へ。

Last113_3

快速線運用時代って市川の通過線を走ることってあまりなかったですよね。
それよりか新聞列車復活って感じに近いんじゃないでしょうか。(笑

後追い。

Last113_4   

そして両国からの返しをこのまま同駅で待ち、
返却回送通過シーンHD撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.22

幕張車両センターを視察

8月20日の2回目のパワスマパス旅の時のお話です。

総武本線での房総ローカル113系記念HM撮影の前に、
ほかの編成(113系)も動いてないかと幕張車両センターに
寝ていないか探しに行ってきました。

9時頃中央・総武線で幕張に到着後、
改札を出て幕張本郷方面へ歩くこと15分で車庫に到着。
その付近の千葉寄り側の陸橋から望むと1本目発見!

続きを読む "幕張車両センターを視察"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.29

パワスマパスちばの旅 後編

千葉から外房線で1時間20分ほどで大原に到着!

乗ってきた209系と駅名をパシャリ。
11

その後改札を出て いすみ鉄道へ乗り換え。

ここからがこのきっぷの一番強みなところでしょう。
ローカル線を乗り継いで内房線の五井を目指す
房総半島を横断することができる。

続きを読む "パワスマパスちばの旅 後編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.24

パワスマパスちばの旅 前編

JR東日本千葉支社による「パワフル×スマイルちば」観光キャンペーンにより、
この夏休み期間限定で千葉県内のJR線とローカル線が1800円で乗り放題となる
超おトクなきっぷ「パワフル×スマイルちばフリーパス」。
これを使ってプチ旅してきました。

宣伝告知ポスター↓

1

そのきっぷがコレ↓
千葉県内の(市川・舞浜・松戸・南流山・天王台など)駅でしか買えない

2

これを使って前半は、引退が近づいている房総ローカルマリ113系を乗り回し、
後半は、こういう企画がないと普段なかなか足を踏み入れないローカル線に
乗ってきました。

続きを読む "パワスマパスちばの旅 前編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

JR東日本201系乗り納め

6月19日、JR東日本最後の201系がラストラン直前ということで
京葉線東京~蘇我間を完乗、これにて乗り納めしてきました。

千葉から総武線快速で東京に先回りし主役を
待機し入線シーンをHD撮影。

これがいよいよ最後の乗車。(1985A)

42分ほどで終点蘇我に到着!
その後、軽く撮影してお別れしました。

続きを読む "JR東日本201系乗り納め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.27

お昼に京葉線の電車で茂原までお出かけ

2月最後の週末の時のお話です。

先日、春一番も迎えてようやく暖かくなってきて
お出かけ日和だったので、昨年12月のダイヤ改正より新たに設定され、
ぜひチェックしておきたい列車があったので出かけました。

そのチェックしておきたい列車というのは・・・。

続きを読む "お昼に京葉線の電車で茂原までお出かけ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

千葉駅で珍しいモノをGET

夜間一部の京葉線の電車は、東京を発車し蘇我から
内房線の君津まで乗り入れる直通運用があるが、
その中には、君津に到着したあとは、なんと折り返し千葉行きとなって、
ケヨ車が君津-千葉を1往復する内房線サポート運用になる列車がひとつだけあり、
夜遅い時間ではあるが千葉駅にケヨ車が乗り入れるシーンが見られる。

内房線運用のケヨ車は、3種類(生抜205系・209系・E233系)あるが 
205系または209系は、現在E233系に置き換えられている最中なので
205系が千葉駅に顔を出してくるのも残りわずかと迫ったので、
急遽そんな異色な様子を見に行ってきました。

続きを読む "千葉駅で珍しいモノをGET"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.15

京葉線通勤車両6種類の顔をキャッチ

E233系デビュー3日目の時のお話です。

この日は、土曜日ということでE331系も走る予定となっているので、
これが実現すれば期間限定で6種類もの顔が存在するということになるので
捉えに行ってまいりました。
JRで1路線で5種類以上の通勤車の顔が実在するということはなかなか滅多になく、
多くてもだいたい3・4種類がほとんど。

ちなみに私の中で5種類もの顔が存在したと思われるのは、
中央・総武線 ラシ(103_209_E231) ミツ(201_205_E231) 1999年~2001年
京葉線 ケヨ(103低運_103高運_201_205標準_205生抜) 2002年3月
常磐線(快速・各停) マト(103低運_103高運_203_207_209_E231) 2002年~2006年
さらに マト車は(203_207_209_E231_E233) 2009年9月~12月
などでしょうか。

そして、今回久しぶりに地元で実現かつJR最後のバラエティー通勤路線か!?
京葉線 ケヨ(201_205標準_205生抜_209_E233_E331) 2010年~2011年?

南武線 ナハ(205標準_205中改造_209生抜_209更新)や
東海道線 コツ(E217_E231_E233) チタ(211)さらに
房総ローカル マリ(113_211_209) クラ(E217原型_E217更新) 
などにもそれなりの顔がありますが、
上記のものと比べるとちと物足りないですよね。

年々車両のオール形式統一化で、顔の数が減っているので、
このようなバラエティーな路線を見られる機会も少なくなっていく一方となる。

続きを読む "京葉線通勤車両6種類の顔をキャッチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)