« 謹賀新年2013 | トップページ | VIEW'Sチャンネルがカメラ2台体制に »

2013.01.04

2013年春ダイヤ改正について

遅くなりましたが、3月に実施される
JR東日本のダイヤ改正についてですが、

今回の改正の目玉は、

東北新幹線で国内最高速320km/h運転を開始。
昨年9月にE4系Maxを追い出してE5系を増強。
飛ばせる環境ができたことでついに実施される。

つづいては、湘南新宿ラインの浦和駅ホーム完成停車でしょうか。
赤羽~大宮間ノンストップで西の新快速並で速くてよかったんですけどね。
それがもう味わえなくなってしまうのは残念ですね。

気になる引退車両は、
新幹線200系、千葉の211系、常磐線特急651系・E653系など
211系高崎車は思ったよりE233系への置き換えがゆっくりですね。
改正以降も運用数は減るもののもう少し生き延びる模様。
JR東日本で見られる最後の湘南カラーラインの211系として
ファンサービス的?ラストスパートぶりを披露してくれそう。

八王子支社中央線
立川~三鷹間高架化完了とE233系化で中央線がパワーアップ。
2010年10月201系引退以降も変化がなかった中央線にようやく動きあり。
スピードアップ・特別快速増発で新宿~八王子間短縮でグッと近くになりそうすが、
京王線の調布駅平面交差解消効果の影響を受けたとも捉えられてしまうけど(笑
ただダイヤ乱れやすい路線なのでその分、青梅線直通運用の青梅特快など
リスクもアップしてしまう!?

そして、わが千葉支社が力を入れている?京葉・武蔵野線。
武蔵野線(府中本町~西船橋)
平日のデータイムが12分→10分間隔に本数増発!
1時間に6本で京葉線直通も東京方面3本と南船橋方面3本と平等に。

武蔵野線直通車8両編成電車は、東京~市川塩浜間が終日各駅停車化。
これによって、東京~市川塩浜間の従来の快速通過駅なっていた
葛西臨海公園・潮見・越中島の本数が激増。
元日の終夜運転やダイヤ乱れ時に見られる武蔵野車の停車シーンが珍しくなくなる。

京葉線(東京~蘇我)
平日の朝ラッシュ時(7~9時)に快速を各駅停車化。
新習志野・二俣新町駅利用者の利便性が向上される。
それにラッシュ時は新浦安~八丁堀間が詰まり気味で各駅停車は抜かさないわ
スピードも遅いし快速の意味ないじゃんと思ってたんですよ。
これで平日の朝ラッシュ時はようやく快速が廃止されるんですね。
新浦安~八丁堀間の詰まりも解消されるといいのですが。

最後は、先日、新型E130型に統一された久留里線。
1両単位での運用が始まり、一部ワンマン運転も実施されるようで
キハ30などが消えたいま、ますます寂しくなりそうな久留里線。

今回の改正でも、データイム京葉線の内房線直通運用はなし、
そして「しもうさ号」増発はなしに終わりました。需要ないんですかね。
あと南武線の快速も緩急接続などの見直しもないのかな。

|

« 謹賀新年2013 | トップページ | VIEW'Sチャンネルがカメラ2台体制に »

JR千葉支社」カテゴリの記事

京葉線」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/56445336

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年春ダイヤ改正について:

« 謹賀新年2013 | トップページ | VIEW'Sチャンネルがカメラ2台体制に »