« E501系の日を記念に懐かし動画UP | トップページ | スカイツリー開業による鉄道の経済効果は? »

2012.05.06

休日おでかけパスを使ってみた

JR東日本では3月のダイヤ改正に合わせて、
土休日に東京近郊エリアが乗り放題となるおトクなきっぷ
「ホリデーパス」に変わる、従来のエリアを拡大、値段もアップして
リニューアルした「休日おでかけパス」を新たに発売。

ゴールデンウィークということで、ゆっくり休み時間もとれたので、
E233系での置き換えにより引退が決まった埼京・川越線ハエ205系
宇都宮・高崎線タカ211系のメモリアルを踏まえて、埼玉エリアをぶらりと
「休日おでかけパス」でお出かけしてきました。

出かけた当日でも買えるのは「ホリデーパス」と同じですね。
最寄の蘇我にて購入し改札入場、これよりおでパスの旅のはじまり。

↓その時に買った「休日おでかけパス」。

1

まずは今年3月に開業した武蔵野線の新しくできた駅吉川美南駅を
観察してみしようということで南船橋で武蔵野線に乗り換えそのまま吉川美南へ。
個人的に首都圏の新駅訪問は、南武線西府駅(2009年3月開業)以来となります。

2

新駅訪問記の詳細をテツログで報告しています。

吉川美南を後にして南浦和、そこで京浜東北線に乗り換えお隣の浦和へ。
浦和からは、さらに211系に乗るため宇都宮線に乗り換え。
6

早速、ここで強力手ブレ補正のビデオカメラが役立つ時が来ました。
E233系によって置き換えられ引退が決まっている車両のひとつであるタカ211系。
この宇都宮方先頭車両は、クモハ仕様となっているので走行モーター音が響く。
モーター音を聴きながら展望できるとういことで前面展望シーンを撮影してみました。
東鷲宮-栗橋間

栗橋で降りると、後に続いていたのかすぐに旧N'EX253系「日光号」がやってました。
5

この後は埼京線での撮影のため大宮方向へ戻ります。
大宮に着いてひと休みの昼食タイム。
その後、せっかく大宮に来たのだから何か入場中の車両を
チェックしてみようと思い11番線ホームへ行ってみると・・・。

4

なんとここで旧ケヨ205系メルヘン車との再会!!しかも2本も並んでます。
それでいてまだピンクカラーが保たれていました。いやー感動もんですなぁ~。
2年前までは当たり前のように京葉線で毎日お世話になってましたから、
今こんな事になっているなんてとても信じられません、感慨深いものですね。

さて、メルヘンとの感動の再会を後にし、埼京線に乗り換え南与野へ。
マジ京葉線以来久しぶり1年ぶりとなるオリジナル国鉄205系に乗車です。
ここでは引退車両2つ目のハエ205系のいくつか通過・発着シーンを撮影。
7

撮影後は大崎方面の電車に乗り込み。
発車した205系は、外扇型モーターだったので思わずレコーダーを
ひっぱり出して走行音を収録。やっぱりこのモーター音いいですね。
戸田公園~赤羽間

埼京線も高架上をそこそこ飛ばし、爆走に近い走行ということで
京葉線での走りを思い出せるかのような、一瞬懐かしさがこみ上げてきました。
もう完全にすっかりE233系に染み付き慣れた体になってしまってますね。
(この贅沢者が・・・(何

さっき211系は宇都宮線で乗ったから今度は高崎線でも乗ろうと思い
赤羽で降りて乗り換え、東北本線ホームへ。
そのまま211系に揺られること1時間ちょっと、熊谷を越えて深谷まで乗車。
合間に走行音収録(内扇型)。(行田~熊谷間
改札を出て、上陸記念に駅舎をパシャリ。

3
ここは東京駅か!?と思うようなレンガで造られている。
新たにおでかけパスフリー区間に加わり、今回の旅で一番おトク感を味わった瞬間。

帰りも211系で帰ろうとしばらくやって来るのを待つことに。
今のうちなら最低でも1時間でも待ってればまだ余裕で遭遇できますね。
今度の211系は外扇型モーターでこちらも走行音を迷わず収録。(北鴻巣~鴻巣
1時間半揺られること赤羽に到着。

ここから帰宅方向で武蔵野線へ出向くため、埼京線に乗り換え武蔵浦和へ。
この旅をきっかけにしばらく埼京線通いが続きそうですね。
爆走205系が京葉線メルヘンに乗ってるかのような思いに浸れるし、
だけれどもそんな205系も2、3年後には姿を消しちゃうんですよね。寂しいなぁ。
カラーリングもエメラルドグリーンに近い色で、いま思えばなかなかいい色してるし、
しばらくメモリアル活動も合わせて個人的埼京線ブームになりそうです。

さて武蔵浦和で乗り換え武蔵野線ホームへ、そこに入ってきた電車は
今のところ3本しかいない少数派209系だった。
武蔵野線内武蔵野カラーになってからの乗車は何気に初めてだったり。
ピンクカラー時代の頃は、よく乗ってましたけどね。
205系5000番台よりも209系の方が揺れが少なくVVVF音がいいから好きです。

あっという間に終点の南船橋に到着。
この時点で時間は23時を過ぎていました。
もうさすがに遅いのでこの後は、京葉線で家路に向かうだけです。
そして蘇我に無事に帰って来れまして、これにておでパスの旅を終えました。

ちなみに家に帰ってからどれだけ得したのか計算してみました。
蘇我-深谷間片道1890円ですから、これだけの往復で十分元は取ってますけど、
さらに吉川美南や栗橋でも途中下車し、乗り鉄も心おきなくできてるし、
2600円で大満喫しちゃいました。

参考までに
蘇我→吉川美南 740円 
吉川美南→栗橋 950円
栗橋→赤羽 740円
赤羽→深谷 1110円
深谷→蘇我 1890円

計5430円で2830円おトクに旅できました。
これ「ホリデーパス」だったら深谷には行けず熊谷止まりで、
熊谷-蘇我間は1890円と同じなので変わらないですが、熊谷-深谷間を
片道精算すると230円、これをホリデーパス2300円+往復460円=2760円に。

おでパスは拡大した区間に行かないとやはり損した気分になりやすいですね。(え

関連記事>>
2012.1.27:ホリデーパスが値上げ!?

|

« E501系の日を記念に懐かし動画UP | トップページ | スカイツリー開業による鉄道の経済効果は? »

おトクなきっぷ」カテゴリの記事

テツログ番外編」カテゴリの記事

フォト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/54647472

この記事へのトラックバック一覧です: 休日おでかけパスを使ってみた:

« E501系の日を記念に懐かし動画UP | トップページ | スカイツリー開業による鉄道の経済効果は? »