« 謹賀新年&中央線201系アップ情報(3) | トップページ | 撮影スポットコンテンツについて »

2010.01.21

JR東日本のおトクなきっぷについて

JR東日本からおトクなきっぷに関するプレス発表がありました。

昨年の夏、好評だった「ツーデーパス」が、
この春、グレードアップ(利用会社増加、5000円から5500円に値段もUP)して
再登場するようですが、肝心の利用期間を見てみると春休み中心で、
GWに使えないのが実に残念。

高速1000円への対抗を目的として登場した企画券なら、
GWに使えないないのはおかしい。それとも、GW期間は、多客期だから、
ふつうにホイホイ鉄道を利用してくれるとでも思っているんでしょうか。
車利用者は鉄道なんてよっぽど(車が故障・酒飲みながら移動したいなど)の事が
ない限り利用しませんよ。(え
さらには、お盆期間には年末年始好評だった「ふるさと行きの乗車券」を出したりして。

そして衝撃的なのが、関東甲信越・上越・南東北エリアの特急・新幹線の自由席を
含めて乗り放題だった「土・日きっぷ」(大人18000円)が3月の最終週の土日をもって
終了してしまういう。これはちょっとショック。
「土・日きっぷ」の変わりとして登場するのが、「ウィークエンドパス」という商品。
「土・日きっぷ」有効エリア内で特急・新幹線に乗れなくなる変わりに運賃のみ有効と
して8500円に値下げされるもの。特急等利用するには別途特急券が必要になる。

いままで「土・日きっぷ(+指定4回)」があったおかげでいろいろ体験できたこともありました。
東京-仙台往復(はやて利用時だけで元取り)が実質値上げになってしまいますし、
成田空港アクセス目的以外では「成田エクスプレス」も気のままには乗れなくなります。
ほかにも土日きっぷエリア内で走っている全車指定のJT・イベント列車
(SLばんえつ物語・みのり・風っこなど)に特急・新幹線で高速移動(ワープ)
して乗りに行くということも厳しくなりますね。
宿代かけずに2日連続の日帰り遠征旅行が出来くなるのが一番残念です。

いままで「土・日きっぷ」を使って、千葉から仙石線での103系撮影(6年前)のために、
仙台日帰り遠征撮影に行きましたし、N'EX乗ってみたくて乗りましたねぇ。

土日きっぷの廃止は、TRLにとってもダメージが大きいことにもなってしまう。
「優等列車放送」コンテンツが誕生したのもこのきっぷのおかげでした。
特急・新幹線をこれでもかってぐらい乗リ回して車内放送を集めたり、
新幹線で指定列車の到着を待っている合間に撮影をしていたんですが、
これが今後は気軽に出来なくなってしまうかと思うと耳が痛い話です。
なお、同コンテンツは、今はまだストックがあるので間に合いますが、
いずれ音声ファイル不足に陥いれば更新を見合わせるか、
正規特急料金出して赤字覚悟で続行するか、
どちらにせよ成り立たなくなってしまうということには変わりはない。
運営を終了してしまうかもしれません。(え

土休日ならいつでも使える「スーパーツーデーパス」。または、以前あった
「スーパーホリデーパス」フリーエリア拡大復活版!?って思えば諦めもつくかな。
毎週末も高速1000円に対抗したものといっていいんじゃないでしょうか。
「ウィークエンドパス」。あまり売れるとは思えないですし、
私もあまり利用することないと思いますね。

違う形で特急乗り放題もののきっぷが出ることを期待します。
ところで「三連休パス」はどうなるのだろう。これも終了しちゃうのかなぁ。

|

« 謹賀新年&中央線201系アップ情報(3) | トップページ | 撮影スポットコンテンツについて »

TRLサイト」カテゴリの記事

おトクなきっぷ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/47356531

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本のおトクなきっぷについて:

« 謹賀新年&中央線201系アップ情報(3) | トップページ | 撮影スポットコンテンツについて »