« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009.12.19

2010春ダイヤ改正発表と結果

ついに18日にJR東日本から正式発表されました。

さて、前回の記事で予想していた結果ですが、

予想していたとおり、横須賀線に「武蔵小杉駅」開業正式決定。
N'EXをそこに全列車停車させてしまうという。

今回の改正は、千葉支社と合わせてN'EXに力を入れているみたいようですね。 
武蔵小杉のほか渋谷・品川にも全列車停車化。
夏までに新型E259系化、スピードと安さではライバルの京成に勝てないため、
各地からのアクセスと本数のサービス利便性で真っ向勝負ということでしょうか。

それから、京浜東北線209系が改正を待たずに2010年1月いっぱいで引退。
E233系化、6ドア廃止4ドアに統一する旨の知らせはありません。
考えてみれば、2007年E233系登場前から209系の500番台車が
いた時点でオール4ドア車混じりということで、関係ないのかもしれません。
ちなみに横浜支社と大宮支社の両支社プロデュースによる
209系さよならイベントが行われるようで、さよなら運転はなさそうです。

そしてやや意外なことに、中央線快速の事が八王子支社発表さえでも
全くふれられていませんでした。201系引退E233系化のことも公表なし。
立川~西国分寺間の上り高架化完了まで大々的には行わないのでしょうか。
201系は2010年も生き残るんでしょうか。
まさか201系より209系の方が先に消えるとはね・・・。

房総ローカルも、千葉支社発表でもあまり大きな変化はないようですね。
それよりか特急「さざなみ」がかなりヤバイようですね。

ほかに今回は評価できる内容じゃないでしょうか。

新聞報道であった、急行「能登」が完全廃止でなく臨時に格下げ
するようで、
さらに寝台特急「北陸」までも合わせて臨時化。
完全になくすよりはマシじゃないでしょうか。

「東京メガグループ」の利便性向上化
(横浜線・南武線・武蔵野線・京葉線・青梅線などの東京近郊路線の総称)

横浜線データイム帯快速増発
 毎時2本から3本に。八王子←→横浜のアクセスがより便利になりますね。

南武線増発及び区間延長
 横須賀線の武蔵小杉駅開業に伴う措置

武蔵野線データイム帯京葉線東京方面直通増発
 
これに伴い、武蔵野線(8両編成)車両不足の発生か、
 西船橋折り返し南船橋方面行きに一部10両編成の京葉線の電車が
 使用されるということで、西船橋に10両の赤い帯の電車(青も期間限定?)が
 停車している様子をいつでも見られるようになる。

 どうせなら、蘇我~西船橋 直通で運転してほしいですね。
 でも南船橋折り返しということは、2・3番線に10両の電車が止まるということか。
 それも今までには見られなかったシーンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.09

来春のダイヤ改正の内容を予想

まもなくJR東日本から来春のダイヤ改正の概要が
発表されるであろうということで、本数の増減などを除いて
首都圏内で私なりに予想してみました。

横須賀線
 武蔵小杉駅開業で南武線接続利便性大幅UP
 久里浜・逗子←→立川・登戸←→総武線内(船橋・千葉など)
 各方面へのアクセスがグッと近くに。
 さらに、湘南新宿ラインで南武線内から渋谷・新宿・池袋方面へも気軽に。
 今まで横須賀線←→南武線を乗るためには、
 品川か横浜で東海道線で川崎に出るか、
 新川崎←→鹿島田(改札外徒歩駅移動10分程度)が一般的だった。

京浜東北線・根岸線
 209系運転終了によりE233系化で6ドア車廃止4ドア統一
 大宮~大船間時間短縮なるか?

中央線・青梅線
 三鷹~国分寺間高架化完了で201系運転終了により白紙ダイヤに!?
 E233系化で東京~高尾・青梅間時間短縮なるか?
 立川・青梅・高尾など折り返し駅での長時間停車時に手動ドア扱い開始?

北斗星/カシオペア
 牽引機関車EF81型からEF510型へ置き換え

房総ローカル
 朝夕時間帯4ドア増強(209系)でスムーズな乗降促進
 鹿島線・東金線209系運用開始

などなど 大まかな内容はこんなところでしょうか。

あと新聞報道で、夜行急行「能登」が廃止になるという話も出ておりますが、
これが現実となれば、ボンネットの489系が定期運用で見られなくなり、
間合い運用されている「ホームライナー鴻巣」の運用車両もどうなるのか注目。
(高崎185系か大宮183系でしょうか)
北陸新幹線開業後ならわかりますけど、まだ開業していないのに早いですね。
現時点でも、高速バスに負けてるってことでしょうか。寝台特急「北陸」も怪しいなぁ。
なんだか毎年夜行列車がなくなって、衰退する一方で寂しいですね。

楽しみな反面、悲しい現実でもありますが、
早いところ発表が待ち遠しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »