« 駅からも発メロ消滅か!? | トップページ | 「SL春さきどり号」運行決定 »

2009.01.25

京葉線201系青電貫通編成消滅で赤い線の世界寸前

赤い209系が来て変わりに青い201系が消える。

つい先日、201系貫通車の71編成が廃車回送され、
72編成が疎開回送されて京葉車両センターから
201系貫通編成車が完全に消えたことで、青電との遭遇率がググっと減りました。

201系青電貫通車が消滅したことで、これから残る4本の201系青電分割車が
平日は1~2本、土休日で2~3本の運用体制となって遭遇率は落ちますが、
運用が特定できるので効率よく撮影・乗車など出会いやすいのが幸いですね。

現行のダイヤでは、
平日のデータイム帯だと分割車が共通運用(53~95)にでも入らない限り、
201系による青い電車は常に1本だけしか走っていないということになり、
まさに京葉線ラインカラーの赤いラインの電車だけ(205系・209系)の世界が
体感できるようになってしまいました。

|

« 駅からも発メロ消滅か!? | トップページ | 「SL春さきどり号」運行決定 »

京葉線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/43850728

この記事へのトラックバック一覧です: 京葉線201系青電貫通編成消滅で赤い線の世界寸前:

« 駅からも発メロ消滅か!? | トップページ | 「SL春さきどり号」運行決定 »