« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の記事

2007.10.14

今日は鉄道の日

本日、さいたま市に鉄道博物館が開館。

事前にテレビで多く取り上げられて拝見しましたが、
結構体験コーナーが多く、なんか博物館というよりは
鉄道のテーマパークみたいですね。
それに博物館にしては入館料が1000円とは高く感じるなぁ。

激パは予想してましたが、入場制限までかかったらしいですね。

しばらく土休日はこの状況が続くと思われますので
平日に行くか落ち着いてから訪問したいと思います。
「テツログ」の方でレポートする予定です。

ケヨ103系302編成(蘇我方のクハ)に再会できるのが一番の楽しみ。
現役時代は通勤で大変お世話になった編成車両です。
まさか残ってくれるとは思いもしませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.10.12

自動改札トラブルについて

本日は故事じゃなく、大きな混乱もなく
乗客には被害はそこまでなかったけど、
全国トップニュースとなったので。

現代社会、コスト削減や便利さを求めすぎた結果となったものですな。
某専門家曰くリスク社会になっているという。まさにその通りだと思う。

ひとつでもダメになれば完全にストップ・ダウンするという
今までおきた信号・架線切れ・火災・停電事故そして今回の改札といい、
毎回事故・トラブルが発生する度、首都圏の鉄道の機能のもろさを思い知らされる。

通勤ラッシュ時の混乱をさけるため改札を開放(無料)して対応したということで、
有人窓口での検札もなく一時的にタダ乗りができた状況となったわけで、
普段から当日きっぷを買って乗ってる人はラッキーでしたね。
キセルもやり放題か!?
っていうか今日だけキセルは、少しでも金出して偉いですね。(何
ニュースを見て知りトラブル中の合間を狙ってタダ乗り
撮影や旅に行ったファンも中にはいるんじゃないのかな。(マテ

それとは代わって鉄道各社は大損害を受けたでしょうけど、
でもICカード利用者は事前にチャージ金出してますけどね。
入場時はタッチして出場時はスルーしていた人は、
次回入場時に止められるため窓口で修正してもらうため、
結局乗車区間によって引かれることになりますがね。
それでも後日メーカーから損害賠償をもらうでしょう。
っていうかそのつもりで開放(無料)処置をとったと思われる。
JR東日本・東京メトロ・大手民鉄と合わせてドデカイ金額になりそう。
改札メーカー(日本信号)は大変だね。

さて、私ももちろんそのトラブルに巻き込まれ、
行きの入場時(自宅最寄駅)も出場時(会社最寄駅)も
ノータッチでスイスイと改札をスルーできましたが、
スルーしても別に定期だから得してはいませんけどね。

帰りには復旧してたのでいつも通り定期をタッチしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »