« E331系早くも運用離脱? | トップページ | 今さらですが・・・ »

2007.04.23

湘南新宿ライン運休の理由は?

23日小田原発籠原行きの湘南新宿ラインの列車が運休。
その理由とは運転士が寝坊して乗務する列車の時間に姿を現さなかったという。

まぁ、寝坊は誰にでもおこりうるものだから仕様がないですね。
運転士だけを責めるのはかわいそうですがでも自覚はもってもらいものですね。
車掌もそうですが、交通関係の仕事で遅刻は絶対に許されないものでしょう。

それよりもまるまる1本運休という処置をとったJR東日本の対応が問題。
定刻に発車ができなくとも他の代理の運転士を緊急に呼び出すとかバックアップ
・フォローなどで運休を避けることはできなかったのでしょうか。
人件費抑制のために運転本数に合わせたギリギリ人数でやっているんですかね?
こういういざという時のために余裕をもたせておくべきじゃないですかね。
それとも免許・資格がない人がまだまだいてできる人間が限られているとか。
それなら運転士希望者を徹底的に金かけて教習・訓練して鍛えてやればいいし。

人を大切にしないし金かけてないからこういうことになっているんじゃないですか。
首都圏のKIOSKの相次ぐ休業もそのひとつである。
日本一乗降客トップの新宿駅のKIOSKが閉まっているぐらいだからね。
明らかに売り上げが無い店というものではない。

それか所属・管轄する支社が異なるからとかできないとでも言いたいのでしょうか。
(湘南新宿ライン運転に絡む支社は横浜・高崎・大宮)
犯人は大宮から交代するはずだったということで高崎支社所属人物と思われる。

マジ客をなんだと思っているのかね。神様じゃないんですか。
所詮は荷物扱いにしかみてないから簡単に運休できたりするんですよね。(マテ

一般客の立場からして見ればエリアごとの支社なんて一切関係なく、
各線乗務員・各駅員等全員がJR東日本会社の社員だと思っているのがふつう。
臨機応変に対応できないものかと見ている。
(そのまま交代前の人が大宮以遠も続けて運転すればすむ話じゃないかと・・・。)

我々鉄ファンの立場からしてみれば、多少の勝手は理解できるし、
飛び込み人身・踏み切り事故の遅れ以外はそこまでいうほど怒りにはならない。

まもなく尼崎の脱線事故から2年になろうとしている。
この事故の教訓を機に客側も安全であることを一番祈っている。

事故ることを考えれば運休されても許せるのではないかと思う。

仮にこの運転士をたたき呼び出しきて、遅れをもちながらでも運休せずに
寝不足の状態で運転されてても、いくらATS-Pで速度を制御してても
操作ミスやオーバラン、誤通過などが起こりうることも考えられただろう。

|

« E331系早くも運用離脱? | トップページ | 今さらですが・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/14825955

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南新宿ライン運休の理由は?:

« E331系早くも運用離脱? | トップページ | 今さらですが・・・ »