« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

2006.09.28

京葉線混乱について

大々的に全国ニュースとなってご存知かと思いますが、
自分も見事に巻き込まれた一人であります。

初電から東京―蘇我間で全線運転を見合わせていたようですが、
8時すぎあたりから蘇我―西船橋間のみが運転されることになったようで、
最寄リ駅からは抜け出せそうで助かりましたね。

そして、西船橋から東西線に乗り換えて仕事先へ向かいましたが、
浦安駅が恐ろしいほど大変だったようですね。(ねずみ園の影響でしょうね。)
今回の事故でお怒りになっている人は多いと思いますが・・・。

っていうか朝から京葉線が止まってるのが分かってたんだから、
インパーク組みは配慮して通勤・通学者を優先させるべきではなかったのでしょうか。

すぐ電車止まれば、文句ですからね。(文句言うなら使わなければいいのに・・・
まぁ皆それだけ移動は鉄道に依存しているってことでしょうけどね。
別の二重の経由や方法を考慮しておくべきです。
絶対にダイヤをきっちり守るということは、不可能に近いわけですから、
利用者側も協力・理解が必要不可欠ですね。

たしかにJR東日本会社もSuicaやエキナカなどに力を入れて、
本業の鉄道事業が怠慢になっているというのもありますけど。

ちなみに私はそこまで怒りにはなりませんでしたけどね。
鉄道ファンでもありますし、日頃から京葉線見合わせ時の過ごし方には
慣らされましたからね。(何

さて、今回の事故で鉄ファンの立場からしてみると、
西船橋武蔵野線ホームでは、普段は8両編成のオレンジ色帯ステンレス製
(205-5000など)の電車しか来ないはずが、通常では見られない10両編成の
ピンク色帯のステンスレス製(ケヨ生え抜き)の電車がに止まっているじゃないですか。(キター  )

通勤途中のため、写真撮れなかったのが悔やまれますが・・・。

ほかにも新木場折り返しが見られるなど、(接近放送はあったのか?
台風などの時の減便ダイヤでも見られない。
ってことはあのクロスポイントを使ったってことでしょうか。
東京開業前のおよそ15年ぶり以来に営業で使用したってことですか?
使えるんだったら、有効的に活用してほしいですな。

さらに昨年の11月以前にあった「新木場」行き幕を新幕変更の際、
削除された関係で新木場行き列車は「京葉線」と表示されていました。

あと今回の事故とは関係ないですが、
一部の旧トウ田窓車のシートが、
グリーンから交換され生え抜きと同じブルーになっていました。
今後随時交換されるのでしょうか。
もし21番編成のシートが交換されることになったら車内からでは
生え抜き車との区別ができなくなっちゃいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »