« 関西遠征計画 | トップページ | 関西遠征レポ-ト 2 »

2006.04.01

関西遠征レポート 1

3/29~31日の3日間、計画していた関西遠征収穫旅行を実施しました。
103系を中心にアーバンネットワークと呼ばれるJR西日本の主要路線で
活躍する車両を狙うのが主な目的です。
TRLサイトではテーマ上、定期公開・配信できないのが残念ですが、
本ブログ上でその時の様子をご紹介したいと思います。

1日目~大阪環状線・ゆめ咲線

まずは京葉線で東京、そこから新幹線で新大阪へ。
環状線に向かうため、おとなりの大阪へ。
環状線ホームに着いたら、まだまだ103系が主力の同線に、
内回り方面1発目に201系がやって来た。
この遭遇率は結構置き換えが進んでいる!?

乗り込みスポットとなっている野田で下車・撮影。

103_1
▲環状線でほとんど見られるタイプの103系

103_2
▲しばらくすると、ウグイス色の103系が・・・。
向こうの方は、ラインカラーは関係ないん?

Haruka
▲はるか 281系

Kuroshio
▲くろしお 381系

もうこっちでは乗れなくなってしまった、
2/17マト7|55H運用以来となる103系に乗車。一駅だけだが懐かしいイ。
おとなり西九条からゆめ咲き線乗り換え。

ユニバーサルシティ
Universal_sta
USJ訪問記念に(違

Usj_1
▲USJシャトル編成 クハ桜島方

Usj_2
▲USJシャトル編成 クハ西九条方
(もう一種類は森ノ宮の車庫で寝ていためになし)

西九条へ戻り、内回り線に乗り換え、
続いてのスポット大阪城公園へ向かった。
いや~103系の車内の作りがバラバラでオモロイですなぁ(大阪弁?
扇風機が残ってるのもあれば、ラインファンだったりなどとバラエティ。

103_221
▲103系トップナンバー(クハ103-1)と221系の並び

近郊型車両が”普通”に環状線の運用に入るの!?
「快速」ならわかるけど・・・

103ad
▲103系車体広告車

103_201
▲103系・201系世代交代並び

Blue201
▲ブルーのままの環状線201系

207系(JR西日本)の帯カラー変更期間限定だそうで、
変更が終り次第、塗り変えられることになる。

改札を出て、近くの橋から発車・到着シーン(動)を撮影。
しているうちに当たりは暗くなり、1日目環状線での撮影を終了。

夜間は乗りメインで。
JR西日本の駅でSuicaが使えると言うことで、試しに定期をタッチしたら
ピピッと120円が引かれた。ほんとうに使えた。スゴイ。
そのまま天王寺まで乗車。それとは変わり、
西日本遠征記念としてICOCAを購入。
こっちのJR東日本の駅ではICOCAが使えるので試してみたいと思う。
Icoca

向こうの駅での乗降の様子を観察していると、
車掌さんはドアを閉めるタイミングが難しそうだ。
何回開閉を繰り返していることか、駆け込み乗車も頻繁に見られた。
それもそのはず、大都会の駅ですらベルがまったく鳴らない、
いつドアが閉まるかもわからないし、発車放送と笛だけで対応している。
結構危険なように思えるが、逆に電車入線前にメロディーが鳴るので、
発車時より到着時の方に注意を促しているのかもしれない。

今回の収穫拠点となる大阪駅。
そこからすぐ近くにあるホテルへ向かい1日目終了。

2日目・3日目は後日公開。お楽しみに!

|

« 関西遠征計画 | トップページ | 関西遠征レポ-ト 2 »

フォト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 大阪環状線で通勤している私には見慣れた風景ですが、東京から遠征された方には目新しいものなんですね。ちょっと補足を。

》ウグイス色の103系
 大和路線から区間快速として環状線に直通して来た車両が、そのまま環状線内をグルグル走っています。逆に、オレンジ色の103系が大和路線に直通するのもあります。色違いの相互乗り入れです。

》近郊型車両が”普通”に環状線の運用に入るの!?
 これも大和路線から大和路快速として直通して来た車両です。加茂(奈良)から弁天町経由で大阪までは快速運転なので快速表示ですが、大阪から各駅停車になるので表示を普通に変えて天王寺まで走ります。朱色のライン入りの113系の時代から、大阪で種別表示を変えています。

投稿: SILVER KRIS | 2006.04.03 17:34

>SILVER KARI様
補足ありがとうございます。
SILVER KARI様は東京へ来たことがありますか?

投稿: VIEW@Manager | 2006.04.07 16:44

>何回開閉を繰り返していることか、駆け込み乗車も頻繁に見られた。
>それもそのはず、大都会の駅ですらベルがまったく鳴らない

大阪では、発車ベルを合図に多くの乗客が一斉に駆け込むため
発車のための注意を促すはずが、逆にドア扱いに支障をきたし
遅延の頻発が深刻な問題となるばかりか、かえって危険を助長してしまうため
とうとう廃止されたのだそうです。
これ・・・冗談のような、本当の話です。

投稿: E-CXW | 2006.04.18 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/9376246

この記事へのトラックバック一覧です: 関西遠征レポート 1:

« 関西遠征計画 | トップページ | 関西遠征レポ-ト 2 »