« 常磐線(中電)にもグリーン車導入 | トップページ | 関西遠征レポート 1 »

2006.03.18

関西遠征計画

首都圏からはダイヤ改正のたび国鉄車が相次いで消えていく。
今回の改正でついに大好きだった103系が消滅形式になってしまった。
103系は私にとって通学・通勤での大切な足代わりはもちろん、
本格的鉄道趣味へと導いたきっかけの存在となった勇車だ。
この103系が首都圏から消えたことにより、今後も鉄道趣味の
濃度を保てるかわからないぐらいの大事なパートナーでした。

西日本ではまだまだバリバリ国鉄車が活躍しているので、
現役バリバリなうちに見ておきたいので今月末に2泊3日で
大阪へ行くことに決めた。もちろん目当ては103系が中心。
新型321系導入により、置き換えが始まっているので、
鉄道誌や他サイトでも実際に201系が大阪環状線に転属、
運用を開始したとの情報がブルーのまま運行しているのもあるというし、
製造当初の原型はこっちの方に比べほぼかき消されて残ってはいないが、
MT55の低音・高音モーターは聴けるだろうが、爆走音は常磐線が最後だろう。
103系の広告車があったり、USJ仕様の車両が存在するなど、
一度は目にしておきたいものばかりである。

経路としては、体力的には自信がないので18きっぷを使って
MLながらに乗り通していく事はせず、純粋に新幹線「のぞみ」で行く。
あくまでも出発前での自宅や宿泊先のホテルでの睡眠時間確保を優先させる。

なお、、現地で収穫した作品ファイルは、
TRLではテーマ上、公開・配信はできないが、せっかくですので
本ブログ(テーマ・趣味一切関係なしなので)で公開できたらと思います。

|

« 常磐線(中電)にもグリーン車導入 | トップページ | 関西遠征レポート 1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/9149739

この記事へのトラックバック一覧です: 関西遠征計画:

« 常磐線(中電)にもグリーン車導入 | トップページ | 関西遠征レポート 1 »