« ダイヤ改正から1週間 | トップページ | 新しい動画コンテンツ近況報告 »

2005.12.26

羽越線特急脱線事故について

山形県で羽越線特急「いなほ号」が脱線したというニュースが全国で取り上げられ、
私の最寄り駅改札にもお詫びのコメントがあったのでひと言。

亡くなられた方が出たのは、残念だとは思いますが、
私から見ればJRに責任が問えるかどうかは、西の福知山線の事故に比べれば、別のものだと考えています。西の事故が人為的であれば、今回の東の事故は、自然的で仕方がないものだと見ています。

今回の事故は、突風が原因とほぼ判明か?さらに事故当時は強い寒気の影響で落雷もあったようですが、スピードは制限以内で問題なし、運転士のプレッシャーも最初から遅れを持って運転していたため、回復運転を実施していたとしても、西の状況に比べれば軽いと思われ、新型ATS(ATS-P)が未整備であっても機能的には全く関係なし。
これは、自然の事故だと思います。
問題は規定風速が関係してくるのか、鉄橋の構造に問題ありかがどうかでしょう。
今回の事故を受けて風速規定値の基準を下げるのかどうかも気になるところです。

さて、仮に羽越線運転を中止していたとしても、止めたで文句を言うワガママな客はいたはず、それにあの天候の中で出かけている方もどうかと思います。
結局、強行運転?が、今回この始末に至ってしまったわけで、
逆に今回の事故は、強風や大雨などの悪天候によって運転を見合わせになった際は、
静かにおとなしく、解除を待つべきであることを教えてくれたいいきっかけではないか。

|

« ダイヤ改正から1週間 | トップページ | 新しい動画コンテンツ近況報告 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50712/7855367

この記事へのトラックバック一覧です: 羽越線特急脱線事故について:

« ダイヤ改正から1週間 | トップページ | 新しい動画コンテンツ近況報告 »