« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の記事

2005.11.20

誉田行きの運用列車

来月のダイヤ改正対応の各時刻表が昨日発売され、1日遅れで一番気になる表題の運用列車を早速調べてみたところ、
1817Aとありましたので、17運用ラインってことで生え抜き車205系限定ですね。

幕の交換から外房線での転属車入線シーンを楽しみにしておりましたが少々がっかりです。
201系などの幕の交換は、やはり103系が引退するからってみたいな感じでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.17

ケヨ103最後の並びか?

本日11/17、9:10前後に海浜幕張で最後と思われる103系2色並びが実現。
京葉車1本(ケヨ302)、武蔵野車2本(ケヨE11・E15)のうち1本稼動という中で実現したわけで超貴重なシーンが3分間特急通過待ちの間見れました。

keyo103
ケヨE11|938E ケヨ302|966Y 11/17 9:08 海浜幕張

14日に回着したケヨ27(旧トウ4)も今日デビューしたということで、
京葉線の103系はいよいよ今週いっぱいで営業運用終了と思われます。
来年の2006年、千葉みなと-西船橋間開業から活躍してきた103系が開業20周年記念を迎えることなく引退ということで非常に残念ですね。
残り数日間の輝かしい勇姿を見守り、翌日は終日運用[69]に就くことを想定して撮影に望みたいと思います。
その時の模様は、後日、[11|テツログ]にUPします。お楽しみに!

幕の話題になりますが、
27編成は田窓で最初から新幕となりました。
103系を除く全編成対象なら今後、24~26編成もいつか交換されるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.14

205系生え抜き車も

201系から始まった思われた幕交換が205系旧ヤテ車(1段下降式窓タイプ)にも続き、205系生え抜き車(ケヨ1編成)も新しい幕に交換されるのを本日確認。
どうやら本格的に全編成交換されるようですね。

keyo6
205系生え抜き車ケヨ6編成 検見川浜
小文字込みになっているのが新幕の特徴。
遠くからでは見分けがつきにくいのが難。


最近は、コストのかからない行き先の表示変更がカンタンなLED(デジタル表示)への
交換が主流となっている中で、(ハエ205系埼京、ナハ205-1000・1100など)
あえてコストのかかる幕を使用されることは見やすく、しかも、転属時白幕だった201系と205系旧ヤテ車は原型に近づいて喜ばしいですが、折り返し駅での回転中に「マリンドリーム」一瞬の表示はもう見られないのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.11.11

旧ヤテ車も変更対象か?

最近、京葉線では103系の引退間近に迫り活気が出てきています。
先日の201系に続き、さらに205系旧ヤテ車にも幕変更が見られた。
keyo23
幕変更対象となったケヨ23編成 新習志野

側面も201系同様。

keyo23_2
普通

rapid
快速


撮影を続けているうち、205系2段窓(通称:田窓)もやってきたが、こちらはいまのところまだ変化がないようです。
keyo24


来月のダイヤ改正に合わせての準備で、「誉田行き」の運用に入るのであれば、
外房線での生え抜き車以外の走行シーンが楽しみである。


いずれにせよ、両形式とも前面は京葉仕様の白幕が特徴的だったが、やはり黒の方が原型的でいいです。
201系が黒幕になったことで、今後各鉄道サイトのギャラリー系コンテンツで西の201系と見間違えてしまうことも出てくるか!?


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.09

ケヨ201系に変化が・・・

本日、前面の方向幕が白幕で目立っていた同車両が、一部201系本来来の黒幕に変わっていたのを見た。
突然の変化にこれは驚き・・・。

keyo72
前面が黒幕になった201系ケヨ72編成 新習志野

さらに側面の幕にも変更点が・・・
ピンクの背景色に白字で「京葉線 Keiyo Line」と入り、下の英字から 「For」が消えた。
keyo72_2


来月のダイヤ改正準備か?それにしてもなぜ急に変えたのか?
「快速|誉田行」きが延長増発で新登場するらしいが、201系限定運用になるからか?

それと合わせて255系も最近LEDに変更されたが、これは今後、新たに総武線での「しおさい」「ライナー」などの運用に充当される場合の表示を新規製作するよりは、コスト面のことを考えて、LEDに変更されたということが推測できるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »